FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレイ感想】WiiFitをやって感じたダイエット

WiiFit.jpg

自分は割とWiiFit信者です(公式サイトへ
理由は簡単で、WiiFitを用いてダイエットに二度ほど成功しているからで、
つっても一度リバウンドを挟んでいるので若干情けないのだけれど
(あと画像はプラスだけど未だ無印、テヘッ)

【実体験】
自分は元々がデブで、痩せた結果もぶっちゃけまだまだデブなんだけど、
1番多い時に比べると体重が20㎏くらい下がりました
まあ今はそれより5㎏多いかもうちょっと少ないかを行ったり来たりですが、
それでもWiiFitで体重測ってると大体そこからは逸脱しない感じ

【WiiFitの機能】
基本は、測るだけなんですよね、WiiFitの使い方
そうする人がいるのを開発陣も分かっていたのか、
データをインストールすると体重測定とバランス測定は、
ディスクなしでも起動するという便利な設計

それ以上に便利なのは日々の体重測定結果が、
WiiFitで測ってさえいれば勝手にグラフになる点
自分がダイエットをするってなった時にも、
「運動療法・食事療法よりまず日々の体重をグラフにするのが大切」
と聞きまして、運動続かないつい食べちゃうっていう自分も、
これが意外とグラフにしてみると「あっ!やべえ!!」って気持ちになって、
何の気なしに手を伸ばして食べちゃうような時は「いや、でも体重やばかったし…」と手を引っ込めたり、
普通に出掛ける時も「今日は近いところに行くから歩くか」と、
そこまで無理なく運動・食事の方にも気が回っていく

まあ、そこら辺は閑話休題で、
WiiFitの運動要素については、ぶっちゃけ無印だとあまり好きではなかったけど、
プラスの方では運動量に対する消費カロリー、
消費カロリーに対する大まかな食事量換算をしてくれるらしく、
これはいいなぁ、って今調べてちょっとだけ思ってます
日頃からどういう食べ物にどれくらいカロリーがあるか、って知識も割とダイエット成功には繋がる感じだしー
他にもプラスで追加されてる要素は無印で届かなかった痒いところに届いてる気がするので、
気が向いたら買ってくるかも(デヘ

【ゲームとして】
良く『2万5千円のお高い体重計』とも言われるんだけど、
逆に体重計をゲーム機のソフトとして出すってことはどういう事なのかってのを少し考えてみる
その上でざっくり思うのは、任天堂だから良い物になったのだろうか、とかそんな感じのこと

先日亡くなられた飯野賢治さんは、晩年券売機の制作に携わっていた…と確か聞いた気がしますが、
その話をご本人がなされた時に
「業務システムを中心に作っている人だとお客様がレスポンスについて感じる事を意識しなかったりする」(意訳)
みたいなことを仰ってまして、続けて「ユーザのことを考えるゲーム製作者だから分かることがある」とも
そう考えると、WiiFitのサービスというか、ユーザ視点っぷりはまさしく『ゲーム制作』の視点が強いのかな、
と思ったり。まあWiiFit自体がゲームか?って言われると8割くらい「違う」って思う自分もいるけど

【で、まあ】
なんでこんな事書いてるかっていうと
最近また使い始めてるんですよ、あの、
体重はそこそこだけど尿酸とかなんかそういうのが多いとかで
んで、まあ、ついでだから一度WiiFitについて記事にして、
そのまたついでにプラスもやってみたいなとか、そういう感じでしたとさ、ハハハ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ツイッター
リンク
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。